コンテンツへスキップ

EADの処理期間と有効期間の変更

2023年9月20日、バイデン政権は就労許可証(EAD)の処理期間及び有効期間の変更を公表しました。この公表によると、2023年10月1日以降、USCISは以下の対応を開始するとされています。

  • 一定の一時的滞在資格の保持者でCBP Oneを使用して面接の予約を設定した者が提出したEAD申請の処理の迅速化
  • EAD申請の処理期間の中央値を90日間から30日間に削減するための追加人員による尽力と改善の実行
  • キューバ、ハイチ、ニカラグア及びベネズエラの一時的滞在資格の申請手続きに関連するEAD申請の処理期間の中央値を30日に削減する取り組み
  • 一定の米国市民以外の個人に関し、EADの当初及び更新後の最長の有効期間の5年間への増加[1]

バイデン政権はまた、就労許可申請の処理期間の迅速化のための手段を講じていると述べています。同政権は、一定の一時的滞在資格の保有者に対し、就労許可申請の対象者であることを通知するために、Eメールやテキストメッセージを送付しています。

ホワイトハウスによる本件についての公表については、こちらをご参照ください (該当リンク)。.

免責事項


[1] この米国市民以外の個人には、亡命者としてアメリカへの入国が認められた者、難民の認定を受けた者、国外退去が保留された者、難民申請者、移民の立場への調整の申請者及び国外退去の撤回を受けた者が含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese